2017.1.14    BLOG

保湿の落とし穴⁉


保湿クリームやオイル
お使用の方も多いかと思います。

確かにしっかりと膜を張ってくれ
保湿されたようには思いますが、
肌には自らの脂分(皮脂)を出す力があります。

外から脂分を補ってしまうと
肌が皮脂を分泌しなくてもよい
判断し、
皮脂の分泌力が低下します。

そうすると
どんどん肌奥・肌表面の乾燥は進んでいき
シワ・シミ・くすみといった
長年悩まなければならない
肌トラブルを引き起こしてしまいます。
454012[1]
自ら分泌された
皮脂は肌表面の水分(汗)と混ざり
天然の保湿クリームの役割を
してくれるんです☆
皮脂と水分のバランスが
とれることで
健康的な素肌を保つことができます。

皮脂分泌を促すためには
代謝をあげること、
マッサージは欠かせないものなのです!


肌に負担なく
マッサージをしてくれる
モイスティーヌスキンコンディショナーを
みなさん、毎日使っていきましょう♡
****************************************
自慢の肌は自分でつくる。
moisteane
モイスティーヌ徳島サロン / 阿南サロン
ご来店予約
http://moisteane-tokushima.jp/reserve01.html
****************************************


2017.1.13    BLOG

乾燥から粉をふく?

⛄冬⛄になると
頬や口元などが白っぽく
粉をふいたような見た目になる方
いらっしゃいますよね?
218x251xc31faee41379e015a10a11c0686e18a4-261x300.jpg.pagespeed.ic.got1ladSod[1]
意外と多い冬のお肌の悩みでもあるんです。


なぜ『粉ふき肌』になってしまうのか?

粉ふきは、医学的には肌の表面にある
角質層が落屑(らくせつ)と説明されます。

つまり、肌の表面から
剥がれ落ちた細胞の死骸が、
粉ふきというわけです。

健康的な肌は、角質層がバリア機能を
果たして、潤いを保っていますが
寒さや乾燥によって肌細胞に元気がなくなると
正常な角質層づくりが行われなくなり
肌の柔軟性がなくなります。

その結果、角質層に亀裂が入り
『粉ふき肌』になってしまうのです。
thCNSQJ1PR
やはり
重要なのは何よりも保湿です!

肌奥の保湿をしっかり行って
粉をふかない
潤った肌にしていきましょう♪


⚠ここで注意点!⚠

保湿』ときくと
保湿に優れたお化粧品
保湿美容液や保湿クリーム
保湿オイルといったものに
目を向ける方
いらっしゃるかと思います。

しかし!
クリームやオイルには
思わぬ落とし穴が⁉

次回ご説明させていただきます☆


****************************************
自慢の肌は自分でつくる。
moisteane
モイスティーヌ徳島サロン / 阿南サロン
ご来店予約
http://moisteane-tokushima.jp/reserve01.html
****************************************